【1994】 あ・・・  (杏鴉 2006-11-18 06:02:31)


【No:1989】の続きだったり、そうでなかったり……。



お祈りを済ませた私達(私は祈っていないが)は、一緒に薔薇の館へと向かった。

交わす言葉は少ない。
けれど、心は満ち足りていた。


彼女も私と同じように感じてくれているなら、どんなにいいだろう。


想いや気持ちが目に見えるものだったら……。
そんなどうしようもない事を考えながら、また私はそっと彼女の横顔を見つめる。


彼女は空を見上げていた。

私もつられて空を見た。


そこにあったのは、どんよりとした黒い雲。今この瞬間にも降りだしそうな、そんな空だった。


私は憂鬱な気分になった。

雨は嫌いだ。面倒くさいから。



「今日はお天気が悪いので、髪がまとまらなくて大変でした」



その声に、無意識のうちにしかめていた表情を緩め、空から彼女へと視線を戻す。

狢臺儉瓩噺世い覆ら、彼女は笑っていた。

どうして彼女はこんなふうに笑えるのだろう?どうして彼女は…………



私は内心の惑いをカケラも出さず、そうなの、とだけ言った。



「お姉さまの真っ直ぐで、艶やかな髪が羨ましいです」



そう少し拗ねたような、それでもどこか楽しそうな顔で言われた。


だから私はこう答えた。



――私は貴女の髪、好きよ。



とたんに真っ赤になってうつむいてしまった。

少し意地悪したくなって顔を覗き込んだら、アワアワ言いながら表情をくるくると変えて
さっきよりももっと真っ赤になって、よりいっそう深くうつむいてしまった。


私はクスクス笑いながらもう一度空を見上げる。

空はあいかわらず黒い雲に埋めつくされているけれど、もう私は顔をしかめたりなんかしない。

だって隣に彼女がいるのだから。

彼女が隣で微笑んでくれるのだから。




バサバサバサっ!




その時、一羽の鳩が少し離れた木から飛び立った。


こちらの方へ羽ばたいてきた平和の象徴を、私は幸せな気持ちで眺めていた。






ぴゅ〜〜〜〜






〜〜〜〜ぴちょっ







――っ!?







平和の象徴……いや、ただの鳥が飛び去り姿を消した後も、私はその場で固まったまま身動きがとれなかった。


隣で彼女が傘を差そうとした手を止めて、不思議そうな顔でキョロキョロと空を見上げている。


彼女がそうする度に、リボンで二つに結ばれた髪がゆらゆらと揺れて
いつもならその愛らしさに目を細めるのだが……今の私の視線は彼女の後頭部にロックオンだ。







本当の事を話してしまおうか……?


――いや、やめておこう。


もう少し、彼女の姿を見つめていたいから。





一つ戻る   一つ進む